婦人

目立つようなほくろは皮膚科や美容整形外科で除去しよう

レーザー以外で除去する

微笑む女の人

誰もが肌のどこかに黒い点のようなほくろを持っています。黒だけでなく茶色や赤みを帯びたほくろがあるという人もいるでしょう。ほくろはメラノサイトという細胞のせいでできるもので、シミやそばかすと似たように色素が沈着したり重なったりしてできています。その数が少なければ気にならないのですが、数がおかったり膨らみが出て目立つようになってしまうとコンプレックスに感じてしまうこともあるのです。ほくろを除去するというと多くの人はレーザーを使って簡単に除去するという方法を思い浮かべるでしょう。もちろん、そういった方法もあるのですが、それらの方法だと再発してまたほくろが同じ場所にできてしまう可能性もあるのです。綺麗にほくろの除去をしたいという場合は、皮膚科や美容外科で切除縫合法の話を詳しく聞いてみるといいでしょう。切除縫合法というのはメスを使って切開して、ほくろを除去するというものです。6ミリを超えるような大きなほくろを除去したいというときによく用いられる方法で、再発の可能性を低くすることができるという大きなメリットがあるのです。また、この方法ならほくろの根が深くなってしまったという場合でも綺麗に除去することができるでしょう。除去をする場合はほくろの部分だけでなくその周りを加工用に切り取ります。その後皮膚を縫い合わせて治療を終了するのですが、その跡が1つ線になって残ってしまうのです。跡になるのは嫌だから最初から選ばないという人もいますが、医師の腕によってはレーザーよりも綺麗に仕上げることができるのです。また、傷跡はだいたい皮膚のシワの部分に合わせるので目立つような残り方にはならないでしょう。
切除縫合法以外でメスを使う治療というのが電気メスでの切除方法です。電気メスや高周波メスを利用して切除をすると5分や10分という短い時間で治療を終えることができます。また、電気メスや高周波メスなら、1回の施術で5ミリ以下のほくろを除去できますし、傷口もあまり目立ちません。この施術を行える美容外科や皮膚科は限られてくるので、行なっているところをきちんと調べる必要があるでしょう。
この他のほくろ除去方法として有名なのがくり抜き法です。この方法ではメスではなく円筒状の機械が使われます。患部よりも少し大きめの円筒を使いその部分を根本からくり抜いて除去をするのです。これも切除縫合法とのようにしっかりと組織が除去されるので再発の可能性が低くなるでしょう。しかし、この方法なら縫合をする必要がないので数週間すると皮膚が綺麗に治り、跡を残すこともありません。出血がなければ翌日からすぐに入浴をすることもできるでしょう。くり抜き法の施術時間は約1分から5分程度と他の方法と比べると短くなっています。切除縫合法やくり抜き法は場合によって保険を適用することもできるので、どちらかで施術をするときは医師に確認してみるといいでしょう。保険が使える場合1万円前後で除去を行なうことも可能なのです。